あれこれほしい

パソコン関係、アニメ、漫画などなどの物欲とレビューもどきとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

loading...
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

auひかり 導入記 (6) 「auひかりの使用準備」

準備と言ってもパソコンを接続したり、無線LANを設定したりすれば普通に使えます。

ですが何点か注意するべき点を注意しないと、折角の高速回線を活かせません

「1Gbpsっていいながらフレッツ光(100Mbps)と速度が大して変わらない!」
このような書き込みよく見ますよね。
でもそれは回線のせいではなく、環境のせいかもしれません。

参考:
もっと速くしたい! インターネットスピードアップのコツ | auひかり(auの光ファイバーサービス)
http://www.auhikari.jp/speed_check/index.html

auひかりの場合は
(光回線)― ONU ―(LANケーブル)― ホームゲートウェイ
と接続して、ホームゲートウェイにPCや無線LAN親機などを接続します。

例えばホームゲートウェイにPCを接続した場合は
(光回線)― ONU ―(LANケーブル)― ホームゲートウェイ ―(LANケーブル)― PC
と接続するわけですが、この時点で高速回線を活かす為に気にすべきことが3点あります。
・ONUとホームゲートウェイを接続しているLANケーブル、ホームゲートウェイとPCを接続しているLANケーブルが1Gbpsに対応している物か
・PCのLANポートが1Gbpsに対応しているか
・PCのスペックが高速回線仕様に向いているものか

この様にデータの通るすべての経路に気を使う必要があります。
「1Gbps対応」、「1000Gbps対応」、「1000BASE-T対応」、「Giga対応」
と書かれているのが、1Gbpsに対応している製品です。
例えばホームゲートウェイとPCの間に1Gbps非対応のHUB入れた場合は、LANケーブルやPCのLANポートが1Gbps対応していてもダメになります。
とりあえず使用しているもの全部確認しておく必要があります。

LANケーブルに関してよく分からない場合は「カテゴリー6(CAT6)」と書いてあるものなら十分です。
エレコム¥ 282

参考:http://www.sanwa.co.jp/product/network/lancable/index.html
(カテゴリー7のものはオーバースペックです。値段分の効果は無いので、通常選ぶ必要はありません。)

回線速度を計る(スピードテストする)ときも同様です。
自分の家の中のものがすべて1Gbps対応していても、スピードテストサイトが1Gbpsに対応していないと意味がありません。
BNR スピードテスト(回線速度/通信速度 測定ページ)を使用して計測しているのをよく見ますが、あまりいい結果は出ません。
KDDIの提供しているスピードCheck!が1Gbpsに対応したスピードテストが出来ます。
スピードテスト | ブロードバンド通信速度測定サイト:speed.rbbtoday.com
速度測定システム Radish Networkspeed Testing
スピードテスト・回線速度診断|光ファイバー・ADSL通信速度測定 - 価格.com
なども100Mbps以上の計測に対応しています。



スポンサードリンク

loading...
[ 2012/04/15 10:54 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


≪ auひかり 導入記 まとめ | HOME | auひかり 導入記 (5) 「auひかりのONU・ホームゲートウェイ」 ≫

プロフィール

untan419

Author:untan419
CSS弄り中なので崩れていたらすいません。
閲覧はChromeとSafari推奨。
キャプ画像を交えつつ感想書いたり購入物レビューしたり色々。
コメント、TB大歓迎です。
関係ないものや重複してると思われるものは削除させてもらいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。