あれこれほしい

パソコン関係、アニメ、漫画などなどの物欲とレビューもどきとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

loading...
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

iTunesからArtwork(アートワーク、ジャケット画像)を取り出す、抜き出す方法

CDをエンコードしてPCに取り入れた時に、iTunesを利用してiTunes StoreからArtworkを取得(アルバムアートワークを入手する)している人は多いと思います。
私もAmazonの画像を使うこともありますが、iTunes Storeの方がサイズも大きくて綺麗ですからStoreに登録されているものはStoreから取得しています。

しかし実は、アートワークは楽曲ファイル自体に埋め込まれていません。
iTunes・iPhone・iPodなどApple製品だけで再生する場合は問題はありませんが、他のソフトやWALKMANなどで再生する時にもアートワークを表示する場合は、ファイルにアートワークを埋め込む必要があります。


グーグル先生に聞くと、itc2ファイル(これがアートワークの画像ファイル)をわざわざ見つけてヘッダ削ってなどやる方法が沢山出てきます。

でも実は、すごく簡単に出来ます。

手順は
・アートワークを取得した曲を選択
・プロパティを開いてアートワークタブを選択
・画像をどこかにドラッグ&ドロップする
08.jpg

これで普通にJPG画像として保存できます。

後は普通に
アートワークを適応させたい曲を複数選んで(Shiftボタンを押しながら曲をクリック)
09.jpg

ドラッグ&ドロップして
07.jpg
OKをクリック!


以上です!
お手軽ですよね。


スポンサードリンク

loading...
[ 2011/02/24 18:56 ] パソコン ソフトフェア | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


≪ 地デジ対応UHFアンテナ、八木アンテナ「CLUS-W20CR」 (購入編) | HOME | TSファイルをH.264(x264)に高画質エンコード avisynthの使い方 ≫

プロフィール

untan419

Author:untan419
CSS弄り中なので崩れていたらすいません。
閲覧はChromeとSafari推奨。
キャプ画像を交えつつ感想書いたり購入物レビューしたり色々。
コメント、TB大歓迎です。
関係ないものや重複してると思われるものは削除させてもらいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。